納骨堂 大阪

納骨堂をお探しならココをクリック

大阪で納骨堂をおさがしならココ!

納骨堂を探すのって意外と手間がかかってしまいますよね。

 

特に大阪などの大きな市ではいろいろとありますので、選びきれないという言う事があります。ですから、このサイトでは選びに選んだ一つを紹介します。

 

大阪でおすすめの納骨堂は「宗教法人 本光寺」です。

 

お墓を受け継ぐ人がいない。

 

自分だけのお墓がほしい。

 

近くにお墓を持ちたい

 

残された人に負担をかけたくない。

 

お墓の費用を抑えたい。

 

このような方にこちらの納骨堂はおすすめです。

 

納骨堂にはロッカー型や仏壇型、石碑型(お墓型)など様々な種類がありますが、屋内型の他に屋外型もあり、永代供養も期待できるので安心です。

 

 

本光寺納骨堂とは

昔は若者の人口が多く、今よりもお年寄りが少なかったためにお墓を建てる件数も場所もたくさんありました。

 

ですが、今では少子化が進み若い世代の人口はどんどん少なくなってきていますし、ビル開発などが進みお墓を建てる場所すらもなくなってきています。ですが、人は必ず死というものを迎えますのでお墓が必要になって来ます。

 

そこで、今の問題を解決するのがロッカー式の納骨堂と言うものです。これはいわゆる一般的な納骨堂の事で骨壺をロッカー式のお墓に収蔵する形になります。お参りの際にお骨を出してもらえる場合と、参拝スペース裏側に棚のようなものがあってそこで参拝する場合があります。これは収める場所によって違いますので確認の方をした方がよいでしょう。

 

又、本光寺では2011年に新納骨堂を建設しましたので作りも新しく、綺麗なところですのでおすすめです。

 

本光寺の設備について説明します。

 

1階 駐車場
2階 納骨室
3階 納骨室/資料室
4階 永代供養墓

 

となっています。また、エレベーターも完備されていますので移動の心配はないでしょう。

色々な埋葬方法〜納骨堂編〜

遺骨を収めてアンチするところは同じなのですが、それぞれに違いはほとんどありません。

 

あえて違いを言うならばお墓は野外での土の上で行います。納骨堂の場合では屋内やコンクリート建築の中で遺骨を納める形があります。この違い以外には違いはありません。

 

では、それぞれのメリット・デメリットを紹介しましょう。

 

まず納骨堂のメリットですが、@墓石などがいらないので安価、A交通しやすい場所にあることが多いのでお参りなどがしやすい、B草むしりや墓石の手入れがないので手間がかからないため楽、C天候の悪い日でもお参りが出来るなどです。

 

ですが、花や線香を上げられない場合が多いですので、お参りした気持ちにならないことや、日本では埋葬がほとんどですから土に返してあげたいなどの意見もあります。又、故人の遺志などもありますのでそこは慎重に。

 

それと納骨堂には4つのタイプがあります。

 

@ロッカー式
これはコインロッカーのようなもので、その中に遺骨を能増するタイプの事を言います。上の段と下の段での値段が違うこともありますのでそちらは自分の経済状況などを踏まえて決める事がいいでしょう。
A棚式
これは棚が何段か設けられているタイプです。そしてその棚に骨壺を並べるように収蔵を行います。
Bお墓式
こちらは屋内墓地とも呼ばれるタイプのものです。ですから屋内にお墓が建てられておりお花屋線香をあげることもでき、水をかけることさえできます。これは一般的なお墓と変わりませんが、外か中かの違いだけです。